2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます♪ | トップページ | ソラーレ音楽教室ってどんなとこ?(1) 今日のイチゴ♪ »

2011年1月24日 (月)

ピアノ:矢野智代先生

■ピアノ講師紹介

矢野智代
桐朋学園大学音楽部演奏学科ピアノ専攻卒業。桐朋学園大学主催、スチューデンツコンサート出演。卒業後、渡独。ニュルンベルク音楽大学入学後、ソロ、室内楽などコンサート実行。在学中、オイルトミーの伴奏も受け持つ。第15回エリザベト音楽大学国際音楽セミナー、ジャックルビエマスタークラス、オーストリアにて、ザルツ
ブルク音楽祭、クリストフリースケマスタークラス受講。終了演奏会出演。第46回東京国際芸術協会新人オーディション合格。ソルフェージュを半田文代氏、室内楽をPeter reich、ピアノを小嶋素子、竹内啓子、WolfgangManz
各氏にに師事。


*ピアノを始めたきっかけは何ですか?

あまり覚えてはいないのですがピアノに憧れはありました。あんなに大きい楽器をいつか弾き熟せるようになりたいと思っていました。

*ピアノを弾く中で大切にしていることはなんですか。

音質です。テクニックも大切なのですが音はさらに重要だと思っています。ピアノは他の楽器と違い基本的に持ち運べません。なのでコンサートで弾く際には、普段は家にある、弾き慣れているピアノで音を作って練習しますが、その場合はまたさらに現地で出会ったピアノで音を作る努力が必要です。その時出会ったピアノの性質を
理解し、会場内の音響とも折り合いつけながら、その上でまた音を作ります。ですから常々音にはとても気を配りながら弾いています。

*ピアノで一番苦労した事は何ですか?

ピアノが弾けなくなったことがあります。最終的にはどこが何の音なのかもわからなくなりました。その時は、とてもとても辛かったです。原因は今でも分かりません。精神的なものだったのかもしれません。

*ピアノで一番楽しい事は何ですか?

楽しいことといいますか、人に聞いて頂いて、何か感じていただけたり喜んで頂けたときはとても嬉しく、やっててよかったと思います。ピアノに限らず楽器を弾くというのは自分一人で楽しむのも素敵なことだけど、人様の前で聞いて頂いて初めて意味を成すものだと思っています。

*最後に、今からピアノを始めたい方に一言お願いします。

ピアノはとても親しみやすい楽器ですし、とても繊細で奥深い楽器です。けれどピアノを続けるためには日々の練習が不可欠な為、集中力や忍耐を要します。
楽しいばかりではないですが、ピアノに携わることで音楽世界の素晴らしさを感じて頂きたいと思っています。

« あけましておめでとうございます♪ | トップページ | ソラーレ音楽教室ってどんなとこ?(1) 今日のイチゴ♪ »

音楽」カテゴリの記事